整水器を扱う日本トリム、浄水器との違いを調べてみた


日本トリムは浄水器ではなく整水器を取り扱っているメーカーで、日本トリムの整水器の正式な名称は電解水素水整水器というようです。
整水器は浄水器と何が違うのだろう?と素朴な疑問が湧いてきたので、整水器と浄水器の違いを調べてみました。

整水器というのは浄水フィルターで水道水の中の塩素や鉛を除去し、さらに電気分解することによってアルカリ性で還元性を持つ水素を含む水を生成することができる器械だそうです。
浄水器は不純物を除去するところまでは同じですが、電気分解するというステップが加わったのが整水器だということが分かりました。

なるほど、整水器は電気分解する機能が備わっているのですね。
浄水するのみの浄水器よりも、整水器の方が機能がひとつ多く、まさに水を整える機能を有しています。
どちらがいいかは個人個人で見解が異なりますし、お値段の兼ね合いもあるので一概には言えませんが、水をアルカリ性に変えるなら整水器が良さそうです。

日本トリムの電解水素水整水器を知ったことにより、浄水器だけでなく、整水器についても興味を持ちました。
たかが水、されど水、人間の命の源である水を浄水したり整水する器械はそれぞれ特徴があり、勉強し甲斐があります。