電極板の耐久性が倍以上アップした三和株式会社の「還元粋RW CUBE+」


前回、三和株式会社の「還元粋」という電解水素水整水器について調べたのですが、今回はその上位器の「還元粋RW CUBE+」について調べました。
「還元粋RW CUBE+」は何が優れているかというと、電極板のプラチナ量に改良が加えられて耐久性が大幅にアップしています。
1,400時間から3,000時間にアップしているので、耐久性能は倍以上です。
すごいですね、倍以上ということはこれまでの2倍長く整水器を使えるということになります。
整水器は毎日使っていると劣化していくので、耐久性の高さもチェックしておいた方がいいですね。

「還元粋RW CUBE+」は水素シグナルで水素の生成を知らせてくれる機能、電解生成状態がわかるカラー液晶パネル、常時節電ができるecoスイッチなど、あったら嬉しい機能がたくさんあります。

JIS規格による指定13物質を7トン除去する性能を備えていて、マイクロカーボンカートリッジが微粒子レベルまで取り除いてくれます。
微粒子まで除去するとなるとろ過材の目詰まりが心配ですが、目詰まりしにくいように作られているので安心して使えます。
もちろん定期的にカートリッジを交換しなければなりませんが、目詰まりされては使いにくいのでそこらへんの対策はしっかりしているということですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">